薬剤師の求人で避けるべき職場とは

ドラッグストアでは業務内容が違うことや外国語対応も求められる

薬剤師求人 / 薬剤師求人・転職

そうなると本意ではない業務内容のために嫌悪感を持つようになり、早期退職してしまう人が多いというのが現実です。
他にも外国人観光客が多く訪れる地域のドラッグストアでは、その国の言葉を話せる販売員を欲しがる傾向が強くなります。
これは中国人観光客が該当しますが、中国では日本の医薬品が安全で使いやすいと考えているため、大阪や東京など多くの中国人観光客が訪れる場所では、電気店と共に医薬品の販売店にも大挙して来訪します。
そのために日本人の客が圧倒的に少なくなってしまうため、本来であれば外国語で応対しなくてもいいのに客が日本語以外を使うため、話すしかなくなるのです。
店側も強要するわけではないのですが、話せないと対応が困難になってしまうので日常会話程度は話せないといけない状況になってしまいます。
そこで怖いのは、言葉の聞き間違いからくる求めている医薬品とは違う薬を販売してしまうことです。
ドラッグストアでは医療機関からの処方箋がなければ第一種医薬品を販売することはないため、間違えても大きな事故にはならない可能性もあります。
しかし高血圧の人に言葉がうまくわからずに血管を拡張するような薬を出してしまうと、どんな悪影響が発生するかわかりません。
日本語で話せれば注意喚起もできますし購入するのは止めることもできますが、それが言葉がわからないのでは販売してしまうこともあるでしょう。

薬剤師の求人は多いが適正に合った職場を探すべきドラッグストアでは業務内容が違うことや外国語対応も求められるドラッグストアは就職しやすいがデメリットもあるドラッグストアの薬剤師求人に応募