レビトラの効果と引き出すポイント

PDE5阻害剤の有効成分バルデナフィルを配合しているのが特徴

PDE5阻害剤の有効成分バルデナフィルを配合しているのが特徴 | 顔が火照ったり目が充血したりしますが、これは多くの人に現れる副作用 | レビトラの良いことの1つに硬さが出やすいという特徴がある

レビトラは勃起不全に用いられるED治療薬で、PDE5阻害剤の有効成分バルデナフィルを配合しているのが特徴です。
また先行するバイアグラと後発のシアリスの間に位置する作用時間で、10mgの服用で5時間から6時間の効果に期待できます。
20mgの服用で8時間から10時間に延びますから、4時間から5時間というバイアグラに物足りなさを覚えている人に朗報です。
効果そのものはPDE5阻害剤共通ですが、溶けやすさや吸収効率、そして即効性に関してはトップクラスです。
空腹時に服用すると、早い人は15分くらいで変化を実感しますから、20分ほどで性行為に入ることができます。
食事の影響の受け難さも中間に位置しており、700kcalくらいなら食べても大丈夫とされています。
ただし、食事をする時は食前の30分前に服用することが推奨されるので、性行為をすると決めてから服用、その後に食事という順番を守ることが必要です。
食後に服用しては駄目ということではありませんが、食後だと胃腸の中の食べ物によって吸収が阻害されます。
その為、空腹時よりも効き目が現れるまでに時間を要することになります。
食事の影響があまりないとはいっても、食べ過ぎたり食後にレビトラを服用すると期待の効き目が希望のタイミングで得られませんから、飲み方が大切です。
実はアルコールの摂取は禁止されていませんが、こちらも飲み過ぎると逆効果ですから、適量を見極めて嗜むことが肝心です。